新入園児、進級児ともに少しずつ新しい環境に慣れ保育士と遊んだり、給食を食べたりして笑顔も見られるようになってきました。
お天気のいい日が続き、園庭に泳ぐこいのぼりに負けないくらい元気いっぱいに戸外遊びや散歩を楽しんでいます。
不安や緊張が解けると同時に季節の変化やGWの疲れから体調を崩しやすくなります。生活のリズムを整え、無理のない活動を心がけて過ごしたいと思います。

*12日(土)は保育参観日です
園でのお子様の姿を見て頂いたり、おうちでの様子も聞かせていただければと思っています。ぜひご参加ください。

* 給食だより *

 ☆端午の節句☆
『端午の節句』は、中国伝来の風習です。5月は急に暑くなり体調を崩す人が増える時期です。そこでこの日に健康を祈願していたのです。

◎「ちまき」と「かしわもち」
5月5日の子どもの日にはどちらを食べるでしょう?

「ちまき」にはちまきを毒ヘビになぞらえてそれを食べる事で免疫力がつき、悪病退敵の憂いを除くという意味があります。

「かしわもち」には、柏の木は新芽が出るまで古い葉が落ちない事から子孫代々栄えるようにといった願いが込められています。

どちらもおいしいですよね!
5月5日はご家庭でちまきやかしわもちを食べて、楽しい1日を過ごしてください。
▲上へ戻る